【2020最新版】温泉文化が衰退!? 温泉市場のデータから読み取る

日本の温泉に関するデータを掲載しています。

 

<源泉数> 2万7297カ所(2018年3月)

都道府県別ベスト10

  • 大分県   4418 (未利用:892 利用:3526)
  • 鹿児島県  2753 (未利用:1514 利用:1239)
  • 静岡県   2249 (未利用:1059 利用:1190)
  • 北海道   2139 (未利用:850 利用:1289)
  • 熊本県   1346 (未利用:603 利用:743)
  • 青森県   1071 (未利用:481 利用:590)
  • 長野県   963 (未利用:261 利用:702)
  • 福島県   779 (未利用:336 利用:443)
  • 宮城県   752 (未利用:264 利用:488)
  • 栃木県   628 (未利用:197 利用:431)

1から9位は前年度と同じです。前年度は10位に秋田がランクインしていました。大分は源泉数が増加している一方、湯量の減少が指摘されています。

源泉数の推移

  • 1990年度  総数22,353      (利用15317       未利用7036)
  • 1995年度  総数25,129      (利用16971       未利用8168)
  • 2000年度  総数26,505      (利用18037       未利用8472)
  • 2005年度  総数27,866      (利用19124       未利用8742)
  • 2010年度  総数27,671      (利用17936       未利用9735)
  • 2015年度  総数27,213      (利用17156       未利用10057)
  • 2017年度  総数27,297      (利用17207       未利用10090)

源泉総数の増減は少なく、利用源泉の減少に伴い、未利用源泉が増加しています。

 

<温泉地の数> 2983カ所(2018年3月)

都道府県別ベスト10

  • 北海道   244
  • 長野県   215
  • 新潟県   145
  • 福島県   136
  • 青森県   129
  • 秋田県   119
  • 静岡県   112
  • 群馬県   100
  • 鹿児島県  100
  • 千葉県   91

温泉地数の推移

  • 1990年度  2360カ所
  • 1995年度  2508カ所
  • 2000年度  2988カ所
  • 2005年度  3162カ所
  • 2010年度  3185カ所
  • 2015年度  3084カ所
  • 2017年度  2983カ所

温泉地とは宿泊施設にある場所を指し、一軒宿も1温泉地としてカウントしています。

2010年度をピークに微減傾向となり、ついに2017年度には前年度より55カ所減少し、3000カ所を下回りました。減少したのは宮城県の41カ所、次いで長崎県の7カ所となっています。逆に最も増加したのは福島県の5カ所です。

 

<総湧出量> 毎分254万6813リットル(2018年3月)

都道府県別ベスト10

  • 大分県   279,549 (動力:160,188 自噴:119,361)
  • 北海道   201,055 (動力:150,433 自噴:50,622)
  • 鹿児島県  157,989 (動力:99,565 自噴:58,424)
  • 青森県   144,874 (動力:132,483 自噴:12,391)
  • 熊本県   131,224 (動力:106,107 自噴:25,117)
  • 静岡県   120,861 (動力:108,573 自噴:12,288)
  • 岩手県   117,716 (動力:50,316 自噴:67,399)
  • 長野県   112,705 (動力:68,507 自噴:44,198)
  • 秋田県   86,343 (動力:48,397 自噴:37,946)
  • 福島県   81,946 (動力:55,221 自噴:26,725)

大分県の湯量は、一般的な家庭用浴槽(250ℓ)で計算すると、1分間で約1,118世帯の浴槽を満杯にすることができます。

ゆう出量は2007年度をピークに減少傾向が続いています。対前年度比で泉源の減少率99.5%に対して湯量の減少率は99.3%と低く、既存源泉の湯量は減少傾向にあることが伺えます。

 

<温泉施設数> 2万795軒

都道府県別ベスト10

  • 静岡県   2381 (温泉を使った公衆浴場:494 宿泊施設:1887)
  • 長野県   1857 (温泉を使った公衆浴場:721 宿泊施設:1136)
  • 大分県   1212 (温泉を使った公衆浴場:388 宿泊施設:824)
  • 北海道   1064 (温泉を使った公衆浴場:435 宿泊施設:629)
  • 鹿児島県  854 (温泉を使った公衆浴場:543 宿泊施設:311)
  • 群馬県   853 (温泉を使った公衆浴場:267 宿泊施設:586)
  • 神奈川県  783 (温泉を使った公衆浴場:197 宿泊施設:586)
  • 熊本県   746 (温泉を使った公衆浴場:336 宿泊施設:410)
  • 福島県   742 (温泉を使った公衆浴場:216 宿泊施設:526)
  • 新潟県   719 (温泉を使った公衆浴場:183 宿泊施設:536)

温泉施設数の推移

  • 1990年度  総計18,402      (温泉宿泊施設15,119      温泉を利用した公衆浴場3,283)
  • 1995年度  総計20,089      (温泉宿泊施設15,714      温泉を利用した公衆浴場4,375)
  • 2000年度  総計21,546      (温泉宿泊施設15,512      温泉を利用した公衆浴場6,034)
  • 2005年度  総計22,455      (温泉宿泊施設15,024      温泉を利用した公衆浴場7,431)
  • 2010年度  総計21,954      (温泉宿泊施設14,052      温泉を利用した公衆浴場7,902)
  • 2015年度  総計20,992      (温泉宿泊施設13,108      温泉を利用した公衆浴場7,884)
  • 2017年度  総計20,795      (温泉宿泊施設12,860      温泉を利用した公衆浴場7,953)

宿泊施設数は1995年度をピークに減少、この傾向は今後も続くとみられます。日帰り施設数は2009年度がピークで、その後は横ばい状態が続いています。

 

<温泉施設の宿泊利用者数> 1億3056万7782人

温泉宿泊施設の年間収容力は4億9090万8210人(泊)で 、対前年度比で約352万3千人(泊)強減っています。収容力に対して延べ宿泊人数を当てはめた人員ベースの宿泊稼働率は26.5%となっています。対前年度比での利用者数は、439,970人増です。なお、環境省では、年間延べ宿泊者数は参考値であるとしています。

都道府県別ベスト10

  • 北海道   12,531,792
  • 静岡県   11,176,765
  • 長野県   7,608,950
  • 神奈川県  6,028,352
  • 群馬県   5,979,533
  • 大分県   5,731,556
  • 兵庫県   5,041,602
  • 栃木県   4,621,226
  • 山梨県   4,336,651
  • 福島県   4,294,094

温泉施設の宿泊利用者数の推移

  • 1990年度  140,138,479
  • 1995年度  140,572,878
  • 2000年度  137,525,810
  • 2005年度  136,613,954
  • 2010年度  124,925,272
  • 2015年度  132,064,038
  • 2017年度  130,567,782

宿泊利用者数は1992年度(1億4324万6266人)をピークに減少傾向にあります。2011年度を底にV字回復基調となりつつありましたが、2015年度より再びの伸び悩みを見せています。

 

(環境省自然環境局が2018年3月末現在で発表した資料に基づく最新データより)