知っておきたい! 温泉・銭湯のタオルに関するマナー

温泉に行くと、タオルを浴槽につけないでくださいという表示を見かけると思います。意外と知らない、温泉での正しいタオルのマナーを今回はご紹介します。

温泉に行く前に知っておきたいタオルマナー

①温泉に入る前

脱衣かごはバスタオルなどで覆い、脱いだ服などが見えないようにするのがマナーです。また、小さいタオルをお風呂場に持っていき、温泉からあがった後、濡れた体で脱衣場を汚さないようにしましょう。

②入浴中

湯舟はタオルにつけるのは厳禁です。タオルについた汚れや繊維くずを浴槽の中に入れてしまうと、一緒に入浴している人や管理している温泉の方にも迷惑が掛かります。また、浴槽の縁や手すりは、腰かけたい人や手すりを使う場合があるので、あまりタオルは置かないようにしましょう。入口にタオルを置く置き場がある場合はそこへ、ない場合は頭に乗せたり巻いたりするのが良いでしょう。

おすすめのタオルの巻き方です。いつもこの結び方が出来るよう、私はいつも柔らかくて薄いタオルを持っていきます。

韓国で汗蒸幕をした際は、このような巻き方をしました。韓国でメジャーな巻き方です。ショートヘアの方にお勧めです。

また、サウナがある場合には必ず濡れた体をタオルで拭いてから入りましょう。サウナに入った時、前の人が使っていた場所が濡れていると気分が悪いものです。出る際も、汗で濡れた場所をしっかりと拭いてから出るようにしましょう。

③温泉から出た後

濡れた体を脱衣場に入る前に必ずタオルで拭いてから入るのがマナーです。ある程度拭いてから、脱衣かごの元へ行き、バスタオルで体を拭きましょう。

 

 温泉 タオルを頭に載せる効果

温泉に浸かっていると、血液が頭に上がってきてのぼせやすくなりますが、冷たい水で濡らしたタオルを頭に乗せることで、のぼせを防ぐことが出来ます。

しかし、冬の露天風呂では、逆に冷えてしまい貧血の恐れがあるため、水ではなくお湯でタオルを濡らすか、タオルを頭に乗せるのはやめたほうが良いでしょう。

タオルにはマナーを守るだけではなく意外な効果もあります。是非、正しいマナーを守って温泉を楽しんでくださいね。