カップルにオススメの定番温泉地6選

今回はカップルにお勧めの温泉地を東日本と西日本に分けて6つご紹介します。

カップルにオススメの温泉地【東日本編】

秋保温泉

恋人の聖地 磊々峡(らいらいきょう)

名取川が独特な景観を生み出している磊々峡。恋人の聖地「覗橋(のぞきばし)ハート」と呼ばれる、自然に作られたハート型の岩くぼみがあり、カップルが一緒に見ると幸せになれるといわれています。他にも、大きな斧で真っ二つに割ったような「天斧巌(てんおのいわ)」もあり、散策にぴったりです。そのほかにも、秋保温泉出の自然散策では、「秋保大滝」もオススメです。那智の滝、華厳の滝と共に日本の三大名瀑国の名勝にも指定されている場所です。

森のオーブン Dottore

ランチにお勧めなのは,美味しいピザが食べられる「森のオーブン Dottore」。窯焼ピザや美味しいスイーツを頂くことが出来ます。

住 所 太白区秋保町湯元字釜土1
電 話 022-797-5681
営 業 11:00 〜17:00(L.O. 16:00)
定休日 水曜

HP http://www.dottore2013.com/

熱海温泉

熱海サンビーチ

海風にムーンライトをイメージしたイルミネーションが見どころです。世界的照明デザイナー石井幹子氏による、省エネルギー性も配慮した砂浜のライトアップが毎日、日没後~22:00まで行われています。

アカオハーブ&ローズガーデン

バラとハーブに囲まれた個性溢れる12の庭園が楽しめます。ハーブを活かした体験工房もあり、アクティビティも体験できます。園内はガイド付きの専用シャトルバスで巡る事が出来、高台からの見晴らしを堪能した後、ゆっくりと歩いても、またバスで快適に下ることも出来ます。建築家隈研吾氏の「KOEDA HOUSE」でオシャレなドリンクも頂けます。

下呂温泉

醫王霊山 温泉寺

173段の石段を上がった先にある温泉寺は、下呂温泉の歴史を感じることが出来るお寺です。高台にあるため、下呂の町並みが一望でき、紅葉の見頃の時期にはライトアップも行われます。白い石に願い事を書いてお供えすると願い事が叶うとも言われています。

下呂温泉 合掌村

岐阜といえば、合掌造りですが、白川郷に行かずとも見学することが出来るのが、「下呂温泉 合掌村」です。下呂温泉の足湯を楽しむことが出来、ロクロによる「陶芸体験」や、陶器の絵付体験、和紙の絵漉き体験、などの体験をすることが出来ます。また、着物をレンタルして散策することも出来ます。

所在地 岐阜県下呂市森2369番地
電話   0576-25-2239
営業時間・休館日 午前8時30分~午後5時00分 (最終入場受付午後4時30分)
年中無休 ※一部施設臨時休業あり
※ 12月31日、1月1日、2日は、午前9時から午後4時まで
入場料(消費税込み、一人当たりの料金) 大人 800円 小人 400円

 

カップルにオススメの温泉地【西日本編】

嬉野温泉

ブーゲンハウス嬉野

250坪の広大な温室に、一年を通してブーゲンビリアを見ることが出来る「ブーゲンハウス嬉野」には、国内最大級の25種類以上、約400本のブーゲンビリアが頭上を覆うように咲き競っています。浴衣姿で、色鮮やかなブーゲンビリアの花でのんびりと癒されてみてはいかがでしょうか?

シーボルトの湯

嬉野温泉の中心部にある、「シーボルトの湯」は、大正ロマンを感じさせるゴシック風建築物の温泉施設です。嬉野温泉の歴史が甦る、オレンジ色のとんがり屋根が目印のレトロな建物で日本三大美肌の湯であるぬめりのある嬉野温泉のお湯につかる事が出来ます。

城崎温泉

外湯めぐり

全部で7つの外湯を巡ることが出来るのが城崎温泉の魅力です。宿泊をしない場合は、各外湯にて「ゆめぱ」という外湯めぐり券が大人1,200円(小人600円)で販売されています。これを持っていけば、すべての外湯浴場で入浴可能になります。また、旅館に泊まった場合は、旅館から無料でもらえます。浴衣に着替えて、のんびりと温泉を心ゆくまで楽しんでみてはいかがでしょうか?途中でつかれてきたら、「城崎スイーツChaya」でお休みするのもオススメです。

城崎温泉ロープウェイ

山頂では、眼下に広がる城崎の町並み、そして、遠くに日本海と絶景を一望できます。「見晴らしテラスカフェ」では、美味しいコーヒーを飲みながら美しい山々を満喫できます。

道後温泉

圓満寺

フォトジェニックな写真が撮れる圓満字には、カップルで楽しめるアクティビティが沢山あります。恋愛成就の絵馬に二人の願い事を書きこんでみたり、人気の「恋みくじ」を一緒にひいて楽しめます。恋みくじには幸福な句や、もの悲しい俳句が刻まれていて、二人でどんなおみくじを引けるのか試してみてはいかがですか?

道後温泉本館

道後温泉のシンボルとも言える道後温泉本館では、有名な「神の湯」と「霊の湯(たまのゆ)」で道後温泉のさっぱりとした温泉につかることが出来ます。二階でお茶とお菓子をいただきながらゆっくり休憩ができ、カップルには3階にある個室もおすすめです。