温泉や銭湯で定番の「ケロリン桶」は医薬品会社が作っていた

温泉や銭湯でよく見かける黄色いプラスティックの桶『ケロリン桶』について、製造元や歴史が気になっている方も多いのではないでしょうか? 今回はこのケロリン桶についてお話しします。

そもそもケロリンって何?

ケロリン桶の由来

温泉や銭湯でよく見かける黄色いプラスティックの桶『通称ケロリン桶』。この桶は富山市に本社がある医薬品会社『内外薬品』の販促グッズとして作られている。内外薬品の主な製品は、頭痛、生理痛、歯痛用の一般用医薬品(OTC医薬品)で、ケロリンという名称は内外薬品の主力製品である解熱鎮痛薬『ケロリン』からきている

ケロリン桶の歴史

東京オリンピックの前年の1963年に営業スタッフの提案が採用され商品化となった。ケロリン桶を最初に採用したのは東京駅八重洲口の東京温泉と言われている。その後、木桶と比べて衛生的で軽く扱い易かった為、全国の銭湯や温泉で採用され大ヒットした。

ケロリン桶について まとめ

いかがいかがでしたか? ケロリンについてはまだまだ奥深い話があるのですが、今回はここまでとします。他にも温泉・銭湯関連では赤や青のパッケージで有名な『牛乳石鹸』があります。興味のある方は是非調べてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です